注目の記事 PICK UP!

札幌昭和の風俗その歴史

昭和33年売春防止法施行まで赤線と言う「本番」専門の風俗が姿を消した。

昭和の戦後の風俗の歴史は
・RAA「特殊慰安施設協会」
1945年8月15日の太平洋戦争(もしくは第二次世界大戦)終戦後、日本政府は「進駐軍が良家の婦女を強姦するのではないか」と危惧し、遊廓・私娼・芸妓屋などの業者を集め、RAAという組織を作らせた。

・パンパン
戦後の売春婦、街娼、私娼。進駐軍を主な客とした。

・赤線
詳細は「赤線」を参照
GHQの指令による公娼制度廃止以後、戦前の遊廓・私娼などが看板を変えて営業していたもの。1958年の売春防止法施行に伴い、“日本古来の社会風俗”であった売春が姿を消した。

・トルコ風呂
個室付きのサウナ風呂。個室であることから、間もなく性的なサービスが行われるようになった。当初は手で男性器に刺激を加える「スペシャルサービス」おスペが主流であった。
次第に「本番サービス」を行う店が多くなり、取締り当局も次第に黙認するようになった。
単なる性交を行うだけでなく、「アワ踊り」「マット」などの性技が次々に開発されていった。
1984年、トルコ人留学生の抗議によりソープランドに改称された。

・ピンクサロン
全国盛り場で流行した、ピンクサロンは法的には飲食店であり酒類を提供する。
手でのサービス、口でのサービス、エスカレートしてボックスでの性交(本番)。
女性が全裸でサービスする、エスカレートぶりでした。

・ノーパン喫茶
ウエートレスがパンティを履かない喫茶店。いわゆるノーパン喫茶。
上半身はおっぱいを露わにし、下半身は見えそうで見えないがやはり見えるミニスカートと言うのが典型的なコスチュームで、最盛期には東京で200店舗近く、大阪でも100 – 140店舗以上が見られたという。
当初はノーパンにストッキングと言ういでたちが一般的であったが、サービスは過激化し、前張りで済ませる店舗や、従業員のスカートの下は何もなしの、正真正銘のノーパンと言う店舗もあった。陰毛を剃っていなければセーフ?いや陰毛はすぐに生えてくるから剃った部分も陰毛と見なすべきだ、などとの笑えるやりとりもあったという。
その後1980年12月には大阪に「あべのスキャンダル」が開店した。
私も1回行きましたが、盛況でいろいろなショウタイム(おまんこで吹き矢を飛ばしたり)があった。

・愛人バンク
1981年、当時23歳であった美貌の女性社長が創業したとのふれこみで、「愛人バンク 夕ぐれ族」が社会現象となった。
社長自ら「笑っていいとも」(フジテレビ)や「トゥナイト」(テレビ朝日)等のマスコミに、大きく電話番号を記したTシャツで登場し、ブームに拍車をかけた。この女性社長は自らを「両親は外交官、自分は上智大卒」と称していた。
社名の「夕暮れ族」とは“中高年サラリーマン”のことで、中高年サラリーマンがデート(実際には売春)をするデートクラブである。
現在は「交際クラブ」「デートクラブ」の名前で当局の許可を申請して営業中です。

・マントル
マンショントルコ風呂の略でマンションの一室でトルコ風呂サービスが行われていた。
賃貸マンションの室内を区分けして個室空間をつくり、そこで売春を行う。売春を行う女性従業員を「マントル嬢」という。

・ホテトル
ホテルトルコの略。ホテルで、女の子を呼び出しができる風俗の出張サービス。非合法の売春行為であり、暴力団の資金源となった。

・性感エステ
女性従業員が男性客にマッサージを行う店。疲労回復のための本格的なリンパマッサージをしたのち、手コキでの射精が行われる。

・SMクラブ
主にマゾ客をサディスト役の女性従業員(女王様)がいたぶるMプレイと、サド客がマゾヒスト役の女性従業員をいたぶるSプレイに分かれる。
店・女性従業員・客のそれぞれの傾向によって様々なプレイが展開する。主なプレイ内容には、軽い縛り・低温蝋燭などのソフトなプレイから、鞭・ビンタ・蹴り・吊るしなどのハードもの、その他パンティストッキングを履かせたりするフェチストや、排泄関連のマニアックなもの(スカトロ)も存在し、客は通常の性風俗に比べて特殊な性癖を満たすことが出来る。

・ゲイ(ホモ)の連れ出し、派遣
女性が男性に、もしくは美しいニューハーフが男性に性的サービスを行う一般的な男性向けの風俗店とは異なり、男性が男性にサービスを行うのが特徴である。有料発展場も性産業の一つだが、ここでは従業員のボーイを指名するタイプの業態について記述する。
売り専バー(バー形式)
マッサージ系(個室形式)
出張専門

PAGE TOP